タグ: 組み合わせ

血のつながりや相続分の注意点

民法上は被相続人の子は本来同党の相続であることが原則ですが、非嫡出子と嫡出子では区別されることになります。

民法上は被相続人の子は本来同党の相続であることが
原則となっていますが、非嫡出子と嫡出子では区別されます。
相続分に関しては嫡出子が2であり、非嫡出子は1とされます。

「子、直系尊属又は兄弟姉妹が数人あるときは、
各自の相続分は、相等しいものとする。
ただし、嫡出でない子の相続分は、嫡出である
子の相続分の2分の1とし、父母の一方のみを
同じくする兄弟姉妹の相続分は、父母の双方を同じくする
兄弟姉妹の相続分の2分の1とする。」
“血のつながりや相続分の注意点” の詳細は »