タグ: 準用

特定の相続人が受けた遺贈

特別受益が相続分よりも多い場合はどうなるかというと、持ち戻しは免除されるのだ

・遺言で財産を遺贈された場合、その遺贈を受けた受遺者の相続分から遺贈分が差し引かれます。

特別受益が相続分よりも多い場合はどうでしょうか。
その場合は遺産分割にあたる取り分が少なくなることとなり問題は起こりません。被相続人の自由意思で贈られたとくべつ受益は遺留分に反しない限り、尊重されます。
“特定の相続人が受けた遺贈” の詳細は »