遺言で財産を遺贈できます

内縁というのは、夫婦同様の生活をしているのに婚姻届が
だされていない男女の関係をいいます。

配偶者は常に相続人になれますが、内縁の妻は法律上の配偶者ではありませんから、
相続権がありません。
たとえ、実質的に夫婦同様の生活をしていても、戸籍上の配偶者でない限り、
相続権は一切ないのです。

ただ、本妻とは別居中で事実上婚姻関係が破たんしているため、自分の遺産、
とくに一緒に居住している土地・建物は内縁の妻に譲りたいという場合も
あります。

そのようなときは、遺言で財産を遺贈するという方法があります。
もっとも、配偶者の最低限の取り分として、遺留分が認められていますので、
遺留分を超える遺贈は、配偶者から返還を求められる可能性があります。

遺留分という権利は、法定相続人のうち兄弟姉妹以外の近親者に権利の
保障をしたものです。
ですから、法定相続人ではない内縁の妻は遺留分権利者にもならないと
いうことになります。

遺言書がない場合、内縁の妻が受け取れる在船がゼロということも
あるのです。

«
 

トラックバック URL