相続人の確定のための戸籍ですが全部一人で取れるのでしょうか

相続が発生した時に、始めに確認することは相続人が誰なのかということです。
相続人を確定するためには、被相続人の死亡時の戸籍から生まれたときまで連続した全てを取得する必要があります。

相続人がわかったら、相続人の戸籍も必要です。

被相続人が一度も本籍を変更していない場合は、死亡時の本籍地のある市区町村役場から戸籍謄本が取得できます。ところが、本籍地を何度か変更している場合には、本籍地のあった全ての市区町村役場から戸籍謄本を取得しなければなりません。

また、戸籍謄本は誰のものでもとることができるわけではありません。
戸籍謄本を請求できる者は法律で定められていて、自分の戸籍謄本以外は、自分の親と子の戸籍謄本しか取ることができません。つまり、自分の兄弟や姉妹の戸籍は取る事ができないのです。

たとえば、祖父の相続人である親がすでに他界していて、自分が代襲相続人である場合は、親が死亡している戸籍を取得し代襲相続人であることを証明しなければ、祖父の戸籍はとれません。
さらに、兄弟姉妹に子がなく死亡した場合、親の死亡、祖父母の死亡という直系の相続人がいないことを証明しなければ、相続人として戸籍を取得することはできません。

相続人同志が連絡をとりあえる仲であれば、協力して全ての戸籍を取得することも不可能ではないかもしれませんが、
数字相続、代襲相続と入り組んだ相続が2代、3代と発生しているともう個人ではかなり難しいでしょう。

そのような時は、行政書士という頼りになるプロに頼ってみてはいかがでしょうか。

«
»
 

トラックバック URL

コメントを書き込む