遺言は人の最終意思なのです

遺言とは、人が自分の死後のために残す最終の意思表示です。
死はいつ訪れるかわかりません。万が一に備えて自分の意思を明らかにしておけば、
家族の間でのトラブルをさけることもできます。

相続といえば、民法が定める法定相続分の規定が原則と思われがちですが、
遺言による指定がないときに限って、法定相続の規定が適用されるのです。
つまり、民法では、あくまでも遺言者の意思を尊重するため、遺言による
相続を優先させています。

相続分の指定だけでなく、遺言で遺産の分割方法を指定したり、相続人としての
資格を失わせたりすることもできます。
遺言の中でとくに重要な内容となるのは、遺産相続に関する事柄です。この他、
子を認知することや未成年後見人を指定することも、遺言でできます。

法律上の効果が認められるのは、民法で定められた一定の事柄について
書かれた遺言だけです。

遺言を書くときは、偽造や変造を防止するために、法律に定められた方式に
従って、きちんと書くことが大事です。

«
 

トラックバック URL