知っておいたほうがいい遺留分の豆知識

遺留分という権利は、いつまでも認められるわけではありません。
遺留分を持つ相続人が、遺留分減殺請求を一定期間しないでいると遺留分は消滅してしまいます。その期間は、

1、相続が開始して、遺留分をもつ相続人が自分の遺留分が侵害されていることをしったときから1年間
2、相続が開始してから10年間
ここでは2に注意が必要です。自分の遺留分が侵害されていることに気が付かない場合であっても、相続開始から10年間経過すると遺留分は消滅してしまうのです。

遺留分が消滅してしまうと、たとえ遺留分を無視した遺言であっても、その遺言の内容は全て有効となります。なお、遺留分は相続放棄とは異なり、遺言者の生前に放棄することができます。

相続放棄の場合は、相続が開始した後でなければ認められません。

遺留分を放棄するためには、遺留分をもつ相続人が家庭裁判所に対して遺留分を放棄する手続きを行い、家庭裁判所の許可を得ることが必要です。
ただし、遺留分の放棄があったとしても、他の相続人の遺留分が増えるわけではありません。相続放棄があった場合には、他の相続人の相続分が増える場合がありますが、遺留分の放棄の場合には、遺留分の放棄があった割合の分だけ、遺言者が自由に処分できる割合が増えることになります。

«
 

トラックバック URL