カテゴリー: 税や親族を法律から見る

知っておいたほうがいい遺留分の豆知識

自分の遺留分が侵害されていることに気が付かない場合であっても、相続開始から10年間経過すると遺留分は消滅

遺留分という権利は、いつまでも認められるわけではありません。
遺留分を持つ相続人が、遺留分減殺請求を一定期間しないでいると遺留分は消滅してしまいます。その期間は、
“知っておいたほうがいい遺留分の豆知識” の詳細は »

生活を考慮し相続税のかからない財産 がある

相続では「御墓」や「仏壇」など財産の性格上課税することに値しないという理由のものです。寄付金や公益事業用財産も課税されません

相続税では原則として、相続などで受け取った財産すべてに
課税されます。
“生活を考慮し相続税のかからない財産 がある” の詳細は »

債権の遺贈と相続の場合

相続の生命保険金は遺贈することはできませんが、保険金の受取人を変更することは可能です。

第1001条(債権の遺贈の物上代位)
1.債権を遺贈の目的とした場合において、遺言者が
弁済を受け、かつ、その受け取った物がなお相続財産中に
在るときは、その物を遺贈の目的としたものと推定する。
2.金銭を目的とする債権を遺贈の目的とした場合に
おいては、相続財産中にその債権額に相当する金銭が
ないときであっても、その金額を遺贈の目的としたものと
推定する。
“債権の遺贈と相続の場合” の詳細は »