遺言で財産を遺贈できます

戸籍上の妻とは別に内縁の妻がいるとき、内縁の妻には相続権がないことをご存じですか?

内縁というのは、夫婦同様の生活をしているのに婚姻届が
だされていない男女の関係をいいます。
“遺言で財産を遺贈できます” の詳細は »

遺言は人の最終意思なのです

遺言をするには、遺言能力が必要です。遺言能力とは、有効に意思表示をする能力、単独で有効に法律行為をすることのできる地位・資格をいいます。

遺言とは、人が自分の死後のために残す最終の意思表示です。
死はいつ訪れるかわかりません。万が一に備えて自分の意思を明らかにしておけば、
家族の間でのトラブルをさけることもできます。
“遺言は人の最終意思なのです” の詳細は »

知っておいたほうがいい遺留分の豆知識

自分の遺留分が侵害されていることに気が付かない場合であっても、相続開始から10年間経過すると遺留分は消滅

遺留分という権利は、いつまでも認められるわけではありません。
遺留分を持つ相続人が、遺留分減殺請求を一定期間しないでいると遺留分は消滅してしまいます。その期間は、
“知っておいたほうがいい遺留分の豆知識” の詳細は »

相続人の確定のための戸籍ですが全部一人で取れるのでしょうか

本籍地を何度か変更している場合には、本籍地のあった全ての市区町村役場から戸籍謄本を取得しなければなりません

相続が発生した時に、始めに確認することは相続人が誰なのかということです。
相続人を確定するためには、被相続人の死亡時の戸籍から生まれたときまで連続した全てを取得する必要があります。
“相続人の確定のための戸籍ですが全部一人で取れるのでしょうか” の詳細は »

新人さんの歓迎会

盛大な歓迎会をしました!

先日、新人パートさん二人の歓迎会をしました。

久しぶりに事務所の飲み会だったのでテンション上げ上げでのぞみました!

初めて行ったお店でしたが、お料理もお店の雰囲気もとても良かったです。

 

スタッフみんな、しゃべるしゃべる・・・

私も比較的しゃべるほうだと思っていたのですが、なんだか圧倒されてしまったような気がします。

飲みが足りなかったのかな~、もっと飲めばよかった~(笑)
“新人さんの歓迎会” の詳細は »

生活を考慮し相続税のかからない財産 がある

相続では「御墓」や「仏壇」など財産の性格上課税することに値しないという理由のものです。寄付金や公益事業用財産も課税されません

相続税では原則として、相続などで受け取った財産すべてに
課税されます。
“生活を考慮し相続税のかからない財産 がある” の詳細は »

犯罪と相続人としての欠格にあたる事由

相続開始後に欠格事由が生じた場合は、欠格者は相続人でなかったこととされます。

遺言に関し次の者は、相続人の欠格事由になるとされています
(民法891条)。

●故意に被相続人又は相続について先順位若しくは同じ順位に在る者を死亡するに至らせ、又は至らせようとしたために、刑に処せられた者

●被相続人の殺害されたことを知って、これを告発しなかった者。但しその者に是非の分別がないとき、又は殺害者が自己の配偶者若しくは直系血族であったときは、この限りではない。
“犯罪と相続人としての欠格にあたる事由” の詳細は »

共同で相続した人たち間で発生する担保責任

相続の遺産の分割によって受けた債権についての担保責任

911条 各共同相続人は、他の共同相続人に対して、
売主と同じく、その相続分に応じて担保の責任を負う。
“共同で相続した人たち間で発生する担保責任” の詳細は »

債権の遺贈と相続の場合

相続の生命保険金は遺贈することはできませんが、保険金の受取人を変更することは可能です。

第1001条(債権の遺贈の物上代位)
1.債権を遺贈の目的とした場合において、遺言者が
弁済を受け、かつ、その受け取った物がなお相続財産中に
在るときは、その物を遺贈の目的としたものと推定する。
2.金銭を目的とする債権を遺贈の目的とした場合に
おいては、相続財産中にその債権額に相当する金銭が
ないときであっても、その金額を遺贈の目的としたものと
推定する。
“債権の遺贈と相続の場合” の詳細は »

相続放棄ができなくなるケース 

相続は最初から無かったものとみなされます。相続人に子がいても代襲相続は起こりません。

以下の場合も放棄が出来なくなるケースです。
1. 相続財産の全部または一部を処分した。
2. 相続放棄や限定承認が認められた後に、相続財産の全部もしくは一部を隠匿、消費したり、悪意で財産目録に記載しなかった。
発覚すれば、相続放棄は認められないばかりか、認定は取り消され法定単純承認に戻ってしまいます。
“相続放棄ができなくなるケース ” の詳細は »

« 過去の記事